三十路が発狂皆伝を目指す

管理人が三十路になるまでに全白を目指していましたが無理だったので発狂皆伝を目指します

ゲーム業界に入りたい君へ

ふとアウトプットしたくなった

独断の考えで、自分の言葉で伝えたい事がある

ところで、お前は誰なんだって話なんですが

6年くらいゲーム業界を歩んだFPSとか音ゲー好きのおっさんです。

何の音ゲーなんだって人はこのブログ読んだら分かる。

 

人事じゃないので事実ではなく、あくまで僕の考えなので正しいとは限りませんが…

読みづらいと思いますがご容赦下さい、だいぶふわふわしたことが書いてます。

 

ゲーム業界で働きたい君に伝えたい事がある。

「ゲーム業界に入りたい!」っていう志望動機について

今一度考えてほしいんだ…

 

考えて悩むなら他の職種をお勧めする

 

なぜなら、並大抵の精神では続かないと思うから。

あなたのかけがえのない人生の時間をロスする危険性が大いにある。

 

・仮にゲーム業界に入ったとして、その先の願いは叶えられるのか?

その先を考えてほしい。漠然と「ゲーム業界に入りたい」理由だけじゃ弱いんだ

 

良くあるのが「ゲーム作りたい」っていう願い

今の時代、勉強して時間をかければ割と簡単にゲーム作れます

Unityとかの単語でググってみてください、本当に便利な世の中になったものだ。

 

その会社で、自分の作りたいゲームはたぶん(というかほぼ)作れません

売れる商品、会社を存続させる商品としてゲームを作ります

作品を作るアーティストじゃなくて商品を作るデザイナーです

お金という価値を得る為に商品を作る集団が属するのが会社です

そもそも会社に入る必要があるかを考えるレベルになってきます

 

作ったゲームが大ヒット、マネタイズして副業or本業にっていう

ほんの一部のパターンもありますから是非そっちのルートがいいと思います

 

・自分が目指したいものはゲーム業界の中でもどのロール、役職なのか定まってるか?

色々あるよ、今の世の中ネットもあるし調べたりしよう

ゲーム業界にどんな役職があるかの説明はググってほしいので割愛する

 

デバッグ、プランナーは未経験でも可の求人はある

デザイナー、エンジニアは他業種で経験あるならありえるかも?

ディレクターとかイラストとかは実績ないと厳しいかも…

 

ディレクターは最低でも専門性のあるスキルやPMスキルが必須

そもそも未経験で募集しているとこは本当にディレクター?って感じがするけど…

 

イラストはポートフォリオサイト必須、実績が絶対必要です。

行動力も必要です。企業にメールで直接問い合わせて売り込んだりしてます。

 

・ゲームであるべき理由は?

人生の色んな選択肢がある中でなぜゲームなの?ってとこ

ここ、本質的なとこ

「ゲームが好き!」だけの理由じゃ、たぶん弱いです。

好きじゃなくなったら続かないんですよね。

 

それでもゲーム業界に入りたいという意思が揺るがない変態勇者は

是非読み進めてほしいんだ

 

ゲーム業界に入る上で必要なもの

・金

一番大事です、マジで最初は最低賃金レベルと考えていいです

余裕がないと色々と苦労します、やりたいことで生活するリスクの一つでもあります

 

今の生活レベルを維持したいなら貯蓄崩すか、副業か、よほどの倹約しないと無理です

それなりの経験と実績を積み重ねて転職を機に給与を上げると考えましょう

(意外とこの考えって新卒以外はどの業界も一緒かもしれんよな?)

僕はお金に関しては使わずに済む方法にフルコミットしました

家賃2万代のとこ住んでたし、ちょこちょこ小遣い稼ぎもしてましたがギリギリでした

次の月、生きていけるかどうか考えながら生活しなければならない

そんなリスクを背負ってでもなりたいなら次へ。

 

※転職の際、貯金ないと死にます。次の年まで税金関連は前年度収入をベースに引かれるので、給与がほぼ税金で消えたって人も知り合いに居ました。むしろマイナスになって隠れてバイトしてる人もいました。生活水準って簡単に下げれないんですよ。

 

・ゲームしたり勉強する時間

トレンドを負うのは当たり前、仕事をする上でインプットを生きている限り続けるのは義務と心得ましょう

他と差をつけたいなら余計に必要になります、でなければ一生作業員です

基本クソ忙しくても暇と言うんだ!時間を作るんだ!動くんだ!

時間がないとか絶対嘘!絶対時間作れるから!寝不足になるけど。

 

ゲームが好きだと思うのでこの辺苦じゃないと思うけど、一応。

 

・体力と精神力

燃えてる現場は技術よりこっちを求められる(需要がある)事が多いです

だから、未経験可能のとこは基本ヤバイ状況になりやすい、なり得ると覚悟しましょう

未経験でも雇うとこですから尚更。

休めないし、人の入れ替わりも激しく

代わりが利かない状況になりやすいと思って下さい

あと不具合とか起こした時に冷静に対応できるメンタルとかそういうの

ただ燃えてる現場は逆にチャンスです、それだけ鍛えられます

僕は最初の頃からいきなり深夜対応やってて鍛えられました

誰も頼れない状況に慣れよ!自分で道を切り拓け!嫌でも成長する!

 

・熱意、信念

 経験者だからこそ言います。理不尽が必ず起こります。

・人が辞める

・ヤバい不具合が起こる

こんなもんは当たり前

 

・誰もわからない事をやる

・とんでもない納期の短さ

ここらへんも当たり前

 

・寝れない

・帰れない

急に契約を切られる

会社がなくなる

こんなレベルまであります。

他の業種よりこういうことが起こる事例や、確率は高いんです。

 

そんな状況になってもめげない、熱意、信念。

逃げない、向き合う、やり抜く心。

 

 

これ聞いてビビったりヒヨったら

過去の自分を振り返ってみて自分の限界点を知っておきましょう

 

面接について

まずは書類選考突破おめでとうございます

業界状況によりますが、未経験可のとこはまともに社会人してれば

今なら数社受けただけでとりあえずは面接まで行けるんじゃないかと思います

学生?新卒で受からなかったらもうとりあえず普通の会社で頑張れ!

とりあえずダメでもどこか勤めるんだ、次のステップに備えよ

 

特別なテストとかすることあんま有りません、面接がすべてです

ポートフォリオが必要ってとこもありますが作品より人を見られるかと

 

【面接で見られること】

・ちゃんとまともにコミュニケーションとれるか

日本語がちゃんとしてるかとか見られます

質問の意図と違う事を答えたりとかしないかとかですね

当たり前を当たり前に答えれば大丈夫です

人をイラつかせない言葉選びとかそういうとこかもね

 

・しっかりと分かりやすく物事を伝える能力があるか

自分の話したい事を組み立てて伝えることができるかってとこ

結論から話して理由付けって感じでいいと思います

 

・イレギュラーに対応できるか

「そこ掘り下げるか!?」って感じのことを掘り下げて聞かれたり

用意してないだろうって質問が1個は飛んできますので頑張ろう

 

・熱意

理論的な事だけじゃダメだったりします

「おっ?」と思わせる一言が欲しいんだと思います

 

スーツとか見た目とかあんま気にしてないと思います

清潔感があればOK、俺はスーツで受けると逆にダメでしたよ

 

【聞かれること】

・「自己紹介と自己アピール、志望動機、なぜ前の会社を辞めたのか~」

はい、定番。

何話したらいいか分からんみたいな状況とかは危ないです、用意しよう

意気込みでも言ってりゃいいんですよ

志望動機はネガティブなのはNG

転職の場合は同じ理由でまた辞めると思われることは言っちゃダメよ

ゲーム業界じゃなきゃダメなんですって点を熱意を込めて!

つかみOKで自分のテンションを上げていきましょう

 

・「自分の長所と短所は?」

長所と短所は表裏一体云々なので話術でカバーしましょう

嘘は絶対に見抜かれます、正直に言うべきです

人事は幾千もの人と面接してきたんです、そこらへん簡単に見抜いてきます

 

・「うちのゲームなにやってる?」

ゲーム業界だからこその質問がここから登場します

もうね、ゲームやってること前提だよ

「やってない」とか選択肢にありませんよ

全部やってたら「どれが良かった?」とか質問くるから備えとこうね

何も考えずにゲーム楽しむ消費者から

これからは与える側に回るわけだから

その視点に立ってゲームしてみましょう

 

そっから次の質問が来ます

 

・「そのゲーム、やってどう思いました?」

面白かった点、そうじゃなかった点を端的に説明しましょう

気を付けてもらいたい点は 絶 対 貶 す な

面白いと思った点はオーバーなくらい褒めちぎれ

ゲームとしてどうか、どういったユーザーが喜ばれるかとか

こうすれば良くなると思いましたとか

お金の話をしてもいいよ、課金しましたとか

このアイテムはお金出すほど欲しくなりましたとか、どれほどの恩恵がありましたとか

自分なりに分析してアウトプットしてみ。不器用でもいいからさ。

仕事でも常にどうしたらいいかとか考えるから

逆にこの質問きたら結構食いついてます、チャンスですよ

 

・「〇年後どうなってると思う?」

もうこの質問きたら結構安心していいと思います

取る事想定しての話に入ってますからね

中長期の成長について考えてるかどうかを聞かれます

ポテンシャルを見るわけですよ、ポテンシャルを。潜在能力です。

未経験なら大した差なんて出ないし

知識・技能は教えればつくけど精神面とか目指す先とか

そういうとこはなかなか変わらないですからね

企業はいつだって自律的に動ける人材を募集してます

 

この業界、ほんと数年後どうなってるかわからんので

自分がしっかり歩んでいけるかを見てると思いますよ

不安定な業界だからこそ、会社が幸せを与えてくれるのを待つ人ではなく

自分から幸せな気持ちになれるよう努力する人、道を作っていく人を選ぶと思います

 

以下転職の場合

・「ほかに内定もらった?状況どう?」

もう割と給与交渉のフェーズに差し掛かってます、悪い方向には行ってません

ここでマッチすればほぼ内定おめでとう状態だと思います、多分

 

他のゲーム会社を数社内定もらって給与提示はとりあえず効くと思います

前職給与とかも参考にするかも

予算が足りなきゃ取りたい人も取れないので

ここは難しいです…あなたの人生なのでご自由に駆け引きをどうぞ

低賃金になることが分かったら先が辛いけど

それでもやりたい仕事であればようこそって感じです

 

本当に入りたい会社なら覚悟して、自己をダンピングできる人って

そのスタンスは後になってかなりエピソードとして強くなります。

先々の投資と思って、ガクンと給与を下げることも人生設計上肝要と思ったほうがいいです

 

逆に経験者の方の転職はやっぱ数社受けて給与交渉をみっちりしたほうがいいです

転職する理由にキャリアアップと給与アップは暗黙の了解だと会社側もわかってると思います

他の会社も欲しがる人材っていうアドバンテージは思ってたより強いと思います

ただ、タイミングの問題でもあるので要吟味、要企業研究です。

 

 

・「質問はありますか?」

何かしらしたほうがいいですよ

絶対面接の中で気になったことがあったでしょ!

忙しい中時間を使っていただいた恩義はここで質問という形で締めましょ

 

おわりに

そして、その会社で幸せになれる未来が描けたりしたらGO!

迷わず行けよ!行けばわかるさ!

 

理想と現実は食い違うことは多いと思います

人生って思いがけない事が多々起こります

 

でもそんな状況をも楽しめる人はいつか一緒に仕事をしましょう!

困難を楽しめ!覚悟を決めて突き進め!終わり!

 

あーくそなげえ。

 

ここまで読んで

少しでも、勇気や好奇心が沸いて僕と関わりたいと思ったら

いつでもメッセージ待ってます。

じゃあどっからメッセージ送るんだって話なんですが、敢えて用意はしません。

どこかで繋がれます、探してみてください。